車の免許を合宿で取る|スピーディーに視覚をゲット

教習所

楽しく過ごす

自動車学校生活をより楽しく過ごす方法

自動車

自動車学校には、大勢の人々が入れ替わりで入校してきます。 卒業するまでの期間は、平均1ヶ月間位です。 短い期間ではありますが、通うなら楽しく過ごしたいものです。 指導員に印象深い生徒の一人として覚えてもらえると、通うことがより楽しくなります。 自分を覚えてもらう方法としては、良いことで目立つことが一番です。 まず、学科教習の時には、どの指導員に当たっても最前列の中央をキープして、積極的に講義を受けるようにします。 質問をされたら、分からなくても積極的に挙手をして、真面目に講義を受けるように心がけます。 実技教習の時には、大半は担当の指導員が決められているものです。 しかし、卒業シーズンになると、担当の指導員が空いていないことが多くあります。 そのような時には、空いている指導員の教習を積極的に受けるようにします。 そうすれば、様々な指導員と接することができ、自動車学校生活がより楽しいものになるものです。

厳しい指導員ほど自分のためを思ってくれる人

最近では、生徒がインストラクターを選べる時代になり、人気のある指導員とそうでない指導員との格差が生まれている自動車学校も少なからず存在します。 良い点をくれる指導員は人気がある傾向がありますが、果たしてそれが後々自分のためになるかといえば疑問が生じます。 本当に良い指導員は、生徒のためを思って、その日の実技教習で不安がな残る場合は、もう一度今日の内容を受けるように印鑑を押すのをためらう指導員です。 合格の印鑑をもらえないとがっかりするものですが、決して指導員を恨むことなく、真摯に今日の結果を受け止めます。 そして、可能であれば、もう一度同じ指導員に教習をしてもらうようにお願いします。 学ぶことに対して一生懸命な態度を示せば、指導する側にも熱が入ります。 限りある実技教習の時間の中で、より濃い指導を受けることができ、実のある自動車学校生活を送ることができます。